生理後-おりものの臭い

おりものの悩みで多いのが「生理後のおりものの臭い」です。
生理が終わってから2~3日経っても、デリケートゾーンから嫌なにおいが…。せっかく憂鬱な生理が終わっても、おりものの臭いに悩む人は少なくありません。

生理後のおりもの臭い説明

生理後のおりもの臭いの原因

生理後のおりもののにおいの原因は、

  1. 生理前から生理後(2~3日)にかけておりもののPHがより低くなる (酸性になる)。
  2. 生理後にも生理中のおりものの残りが膣内に残ってしまっているということ。

生理後のおりもの臭いのグラフ

1についてですが、これはおりものの性質が女性のバイオリズムの周期に合わせて変動しているために起こってしまいます。生理中のおりものは、雑菌などを膣や子宮内に入れないために、生理前になると酸性の度合いが強くなり、生理後から徐々に酸性の度合いが弱くなるという性質を持っています。

そして生理中の酸性のおりものが排出されると、酸特有のツーンとしたにおいがするようになってしまうのです。PHの値は生理の後ゆっくりと上がってくる(アルカリ性に近づく)ため、生理の後1~3日の間はいつもよりもキツいにおいになってしまうのです。

2のように、生理の後でも数日間は膣内に少量の経血やおりものが残っている場合は、膣内で雑菌が繁殖してしまうことが考えられます。雑菌が繁殖してしまったおりものが体外に排出されてしまうと、酷いにおいを発してしまいます。

生理後のおりものの臭いの対策

生理が終わっても、膣内に酸性に傾いたおりものや経血が残っていると強い臭いが発生します。残ったおりものなどが、臭いの元となるのは当然ですが、雑菌も発生させてしまうので膣内環境としてあまりよくありません。

生理が終わったら、膣内を洗浄して清潔な環境にすることが大事です。よくデリケートゾーンの臭いに悩んでいる方は、こういったお手入れが不足していることが多いです。

膣内を洗浄する際に、次の2つを注意してください。
誤った方法での膣内洗浄は、逆効果になりますので注意が必要です。

生理後のおりもの臭い説明

水で洗わない

水で洗うのは問題ありませんが、水だけでは、経血やおりものは取りきれません。膣内に残ってしまった経血やおりものが雑菌を繁殖させてしまいます。

石鹸で洗わない

石鹸やボディーソープで、膣内を洗うことはやめましょう。自浄作用に大切な善玉菌まで洗い流してしまい、臭いの悪化や膣内の炎症をおこしてしまいます。

※ 間違えやすいのが、デリケートゾーン専用石鹸です。外陰部(膣の入り口)などを洗うもので膣内を洗うものではありません。

生理後は膣内洗浄剤で清潔に

膣内洗浄剤で洗う

病院で膣内洗浄をするか、膣内洗浄剤を利用しましょう。

産婦人科などで、膣内洗浄をしてくれますが、お医者さんに見せるのに抵抗あったり、忙しくて毎回病院に行くのが難しい方は、手軽に使える膣内洗浄剤がおすすめです。

膣内洗浄剤のインクリアなら、産婦人科との共同開発の製品なので安心して使えます。

モニター84%の女性が効果を実感。おりものの臭い対策グッズ売れ筋ナンバーワン!

膣洗浄はカンジダ膣炎や細菌性膣炎も防ぐ

定期的に膣洗浄をおこなうと、細菌やカビによる膣炎にかかりづらくなります。つまり、予防に繋がります。

これらの症状は、膣内部を弱酸性に保っている自浄作用の働きが弱まり、細菌やカビが繁殖することで感染します。とくに、月経が遅れやすい人は注意が必要です。生理が遅れるということは、女性ホルモンが乱れている証拠です。自浄作用の低下へと直結してしまいます。

以前よりも、分泌液の量が増えた、生理周期が乱れやすい、などの心当たりのある方は、膣洗浄で予防をしたほうが良いかもしれません。
また、膣洗浄をおこなっても、悪臭が改善されない、分泌液の量が減少しない、などの場合は膣炎に感染している可能性が考えられます。これらに加えて、おりものの色に異常がみられる場合は、早急に専門の医療機関で検査を受けましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ