産後のおりもの臭いと、悪露(おろ)の悩み

子供を出産してママになった後に、よくある悩みが、おりものの臭いと、悪露(おろ)の臭いです。

産後のおりもの臭いの説明

悪露(おろ)の臭い

悪露の臭い画像
鉄のような臭いのする悪露(おろ)。悪露(おろ)とは、出産で傷ついた子宮の内膜の一部や、卵膜やリンパ液の残りが排出されてくるものです。鉄臭い、と感じるのはこのためなのです。

通常は1か月ほどかけて徐々に解消されていくので心配ありません。

もし1ヶ月以上経っても、悪露が減らない場合は、産婦人科で診察を受けることをおすすめします。

産後のおりものの臭い

問題は、産後のおりものの臭いです。

原因として、ホルモンバランスの変化と細菌性膣炎が挙げられます。

出産から数ヶ月経っても、おりものが臭うようになってしまう方が多く、今までおりものの臭いが気にならなかった方でも、出産を機におりものの臭いが強くなることは多いようです。

産後のおりものが、魚臭い、生臭い

産後におりものが魚臭い、生臭い状態になってしまう原因として次の2つが考えられます。

  • 出産によってホルモンバランスが変化した事
  • 細菌性膣炎

出産によってホルモンバランスが崩れたことにより膣内環境の悪化。

膣内環境の悪化により細菌性膣炎になってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

細菌性膣炎

細菌性膣炎は、特別な性病ではありません。

細菌性膣炎というと難しく聞こえますが、特別な性病などではなく、細菌などに感染して膣内が炎症をおこしている状態のことを言います。

本来は自浄作用で細菌などから膣内を守っているのですが、出産により自浄作用が低下しているので、雑菌に負けてしまっている状態です。

産後のおりものの臭いを改善するために

低下した自浄作用を補うために、以前より膣内を清潔に保つように意識しなければいけません。膣内の自浄作用を助けながら、膣内を清潔な状態にもどす事が大切です。

それには膣内を正しい知識で洗浄することが大切です。

石鹸は使わない

デリケートゾーン専用の石鹸は、膣内を洗えると勘違いしている方がいるかもしれませんが、外陰部までを洗うことが出来る石鹸です。膣内をデリケートゾーン石鹸で洗う行為は、自浄作用の低下に繋がりますので絶対にやめましょう。

水で洗わない

水だけでは、タンパク性のおりものや、雑菌を洗い流すことができません。水道水に含まれる塩素も膣内環境を悪化させてしまいます。

膣内洗浄剤で洗う

専用の膣内洗浄剤を利用しましょう。
安全に膣内環境を整えながら、雑菌やおりものを洗浄するために、産婦人科と共同開発のインクリアがおすすめです。

産後のおりもの臭いの説明

モニター84%の女性が効果を実感。おりものの臭い対策グッズ売れ筋ナンバーワン!

インクリアは安全性がとても高い

インクリアなら安全性がとても高いので安心です。飲んでも身体に害がない成分のみで作られているので、授乳中の方が使用しても問題ありません。妊娠中は、お腹の赤ちゃんに悪影響を与えないように、あらゆる制限がかかりますが出産後も同じです。

体内に入れる食べ物や飲み物には、とくに気を使いますよね。赤ちゃんをいたわる気持ちはとても大切ですが、ご自身の身体をいたわることも大切です。産後は免疫力が低下しているので、細菌性膣炎だけでなく、カンジダ膣炎などの感染症にかかりやすくなります。事前にしっかりと洗浄をして防いできましょう。

産後のホルモンバランスが整うまでは膣専用の安全な洗浄剤で清潔に保つことが求められます。最終的には、洗浄剤を使わなくとも産後のおりものの魚臭さや生臭さが解消されていくよう、自浄作用を回復させましょう。

出産ほどホルモンバランスが大きく変化する現象はありません。オリモノの臭いが比較的軽い場合は、自然なこととして受け止めましょう。あまりに量が多かったりひどく臭う場合、それが長く続く場合は産婦人科を受診することをおすすめします。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ