おりものの異常(魚臭い、生臭い)細菌性膣炎

女性にとって、おりものの量や臭いなどはとても気になる問題だと思います。

毎日の生活の中で、おりものの量や臭いの変化を実感している人も多いことでしょう。

ホルモンバランスなどで、おりものの量や臭いが変化するのは正常であるため、過剰に心配する必要はありません。しかし、異常な臭い(魚臭い・生臭い)の場合は、細菌性膣炎である可能性が考えられます。

細菌性膣炎の説明

細菌性膣炎

細菌性膣炎とは、雑菌に感染することで引き起こす炎症のことをいいます。

おりものの量が異常なほど多かったり、魚臭い・生臭いような臭いが続く場合は、細菌性膣炎に感染している可能性が高いです。

  • おりものの量がいつもよりも遥かに多い
  • 魚臭いとか、生臭い様な臭い
  • 淡い黄色
  • 水っぽくサラサラしている
  • ベトッとした感じ(粘着質)
  • 魚が腐ったような生臭いにおい(または酸っぱいにおい)

細菌性膣炎は特別な性病ではない

細菌性膣炎のイメージ

クラミジア、淋菌、トリコモナス、カンジダなどの性感染症を知っている人も多いのではないでしょうか。

細菌性膣炎は性感染症の一種ですが、このような特別な性病に感染しているわけではなく、体内にある悪性の常在菌が過剰繁殖することで引き起こります。

この過剰繁殖を防ぐ役割を果たすのが善玉菌であるデーデルライン菌(善玉菌)です。

デーデルライン菌は、膣内に細菌を侵入させないようにするバリアのような役割を持っており、激減することで細菌や悪性の菌が繁殖しやすくなります。

  • 膣内に細菌が発生
  • 善玉菌(デーデルライン菌)の減少とバランスの崩れ

細菌性膣炎になる原因

細菌性膣炎は、ずばり膣内が清潔に保たれていないことが原因です。

  1. 体液や、古くなったおりものが、膣内に残り細菌を発生させてしまっている。
  2. 性交渉の際、男性が持っていた雑菌が膣内に侵入し感染してしまっている。

1の状態ですと体内にもともと持っている悪性の常在菌が繁殖してしまう恐れがありますし、2の状態ですと膣内に侵入した雑菌によって感染してしまう可能性があります。

細菌性膣炎の説明

細菌性膣炎の対策

普段の生活の中で、この炎症を防ぐ一番の対策は、膣内を清潔に保つという事です。膣内を清潔にするには、やはり洗浄することが大切ですが、洗い方には注意する点がいくつかあります。

間違った方法による膣内洗浄は、逆効果になるので注意してください。

石鹸で洗わない

膣内を洗浄するのに通常の石鹸やボディソープを使用していると、石鹸のカスが残って炎症を起こすほか、免疫の役割を果たしているデーデルライン菌なども一緒に洗い流してしまう恐れもあります。

水で洗わない

水だけでは、体液などのタンパク性汚れや雑菌などの汚れを取りきることはできません。水道水は塩素成分によって、膣内環境を悪化させてしまいます。

膣内洗浄剤

膣内洗浄剤で洗う

膣内環境を整えながら、しっかり洗浄できる膣内洗浄剤を利用しましょう。

産婦人科と共同開発の膣内洗浄剤「インクリア」がおすすめです。膣内環境を整えることができるので細菌性膣炎の予防にぴったりです。

膣内の自浄作用を整えながら清潔に!84%の女性が効果を実感!

細菌性膣炎の治療法と予防法

細菌性膣炎は、医療機関から処方される抗生物質で一時的に緩和されますが、その後の予防がとても大切です。なぜ、予防が大切かというと、50%以上の確率で再発するからです。

膣炎の予防法として、雑菌を繁殖させないこと、雑菌をしっかりと洗い流すこと、乳酸菌を補うこと、などが挙げられます。サプリメントで乳酸菌を補う方法もありますが、もっとも効果的な方法はインクリアの使用です。

たとえば、雑菌を繁殖させないことに関しては、インクリアに含まれる乳酸成分が効果的です。陰部に直接、乳酸成分を補うことができるので、サプリメントよりも高い効果が期待できます。

乳酸サプリメントでは雑菌を洗い流せませんが、インクリアであれば雑菌を洗い流せます。これらの理由から、細菌性膣炎を予防するなら、インクリアが良いと言えるでしょう。

カンジダ症と細菌性膣炎の見分け方

カンジダ症と細菌性膣炎は、症状が類似しています。どちらも、おりものに臭いがあり、強い痒みがあるので見分け方を知っておくと良いでしょう。

カンジダ症は、真菌(カビ)が原因で感染します。ヨーグルト上のような白いおりものが特徴です。

細菌性膣炎は、その名の通り細菌により感染します。おりものの色は無色や、乳白色になるのが特徴です。なお、カンジダ症とは違い、アミン臭(魚臭いにおい)がします。

カンジダ症と細菌性膣炎を見分けるなら、臭いで判断すると良いでしょう。

最悪の場合、両方を発症していることもあります。

どちらも命にかかわるほどの危険な病気ではありませんが、早急に専門家で検査を受けることをおすすめします。

妊娠中は細菌性膣炎を発症しやすい

妊娠中は、免疫力や抵抗力が低下するので、細菌性膣炎を発症しやすくなります。早産や流産に陥る危険性があるので、早急に病院で治療を受けましょう。

一度完治しても2週間で再発する場合もあるので、しっかりと予防をおこなうことが大切です。

インクリアは、自浄作用を高める働きがあるので、細菌性膣炎を防止することができます。身体に優しい成分で作られているので、妊婦さんでも安心して使用できます。

細菌性膣炎は性交渉で男性にうつる?

細菌性膣炎は、性病の一種になりますが、性交渉やオーラルセックスによって男性へうつるものではありません。

ただ、男性の免疫力や抵抗力が弱まっている場合に性行為をすると、ごく稀に亀頭包皮炎や尿道炎を引き起こす可能性があります。

これらも亀頭に雑菌や真菌(カビ菌)などが感染することで引き起こされるため、細菌性膣炎のセックスはなるべく控えたほうが良いと思います。

万が一、性行為をした場合は、すぐに水やデリケートゾーン専用の石鹸で陰茎を丁寧に洗いましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ