おりもの異常(茶色、水っぽい、黄緑、ポロポロ、泡)

おりものの状態は、女性の異常を表してくれる重要なサインになります。

ホルモンバランスの変化や、排卵期や性交渉の後なども含め、おりものの量や状態が、普段のおりものの状態と違う場合は、性病の可能性もあります。

おりものが、茶色、水っぽい、黄緑、ポロポロ、泡、などの異常が見られる場合、性病検査キットなどで、なるべく早く原因を特定し、対策をすることが大切です。

子宮は、女性の身体の中でとくに大切な部分です。不妊症などに繋がってしまう事もあるので、真剣に向き合いましょう。

おりもの異常(茶色、水っぽい、黄緑、ポロポロ、泡)説明

おりものから分かる性病の症状

おりもの異常(茶色、水っぽい、黄緑、ポロポロ、泡)イメージ

出血が混じり、ピンク色や茶色のおりものになっている。

おりものに多少の出血が混じることはありますが、その量が多かったり、何日も続いたりした時は、不正出血の疑いがあります。

性交のあとに膣の一部が傷ついてしまって」というように心配のない『不正出血』もありますが、その量や頻度が多いのは危険信号です。

不正出血が数日続くようですと、子宮外妊娠や子宮頸管ポリープ、子宮頸がんなどが起こっている可能性があります。

サラサラの水っぽい流れるほどのおりもの。

クラミジアという菌に感染すると、サラサラの水っぽいおりものになります。

これはクラミジアという菌に感染して起こる病気です。その感染経路は性交渉。男性も女性もなってしまう病気です。クラミジアになってしまったら性交渉は控えましょう。

ひどくなってしまうと発熱があり、下腹部が痛むことがあります。

大体は、抗生物質を1~2週間ほど飲めば治りますが、放っておくと炎症が卵管まで拡がってしまい不妊症や子宮外妊娠の原因になってしまうこともあります。

黄緑色や鼻水のようなおりもの。

薄らと悪臭のする、黄緑色の膿っぽいおりものが出た場合は淋菌感染症(淋病)の可能性が高いです。

『淋菌感染症(淋病)』は性感染症のなかでも、非常に感染力の強いもので治療も大変です。この病気も男性女性共に感染してしまいます。この病気の場合、残尿感や排尿痛といった症状が出ることもあります。

初期の段階で治療をしなければ、卵管炎や骨盤腹膜炎を起こしてしまうほか、淋菌が血液によって運ばれて全身に拡がり、心内膜炎や髄膜炎、肝炎などを引き起こしてしまいます。もしこれらの症状が当てはまりましたら必ず病院へ行ってください。『淋菌感染症(淋病)』は自分で治せるものではなく、点滴や膣内にタブレットを入れて殺菌しないと治療出来ないからです。

ヨーグルトや、カッテージチーズなどのような、ポロポロしたおりもの

大量のヨーグルト(カッテージチーズ)状の白くてポロポロしたおりものと痒みがある場合はカンジダ膣炎です。

『カンジダ膣炎』はカンジダ菌が膣や外陰部等で繁殖してしまったために起こる病気で、妊娠中になりやすいほか、過労やストレスで免疫力が低下しても発症してしまいます。

実は、この病気は「女性なら一度は体験する」といわれる程メジャーな病気。しかし、メジャーとは言えその症状は筆舌に尽くし難いもの。「何だか痒いな」と思って放置しておくと、進攻して「頭がおかしくなる」程痒くなってきます。自然に治ることもありますが、薬を処方してもらうと数日で治りますので、早めに治して辛い症状と別れを告げましょう。

クリーム色で泡だったおりもの。

悪臭のする、クリーム色で泡状のおりものはトリコモナス膣炎を疑いましょう。

『トリコモナス膣炎』は、トリコモナスという原虫が繁殖してしまったために起こる病気です。

酷くなると出血や激しい痒みに襲われるようになります。感染経路はお風呂場やタオルの共用と性交渉。こちらも、男性も女性もかかってしまう病気です。しかし、男性の自覚症状はほとんどありません。ですので、もしもこの病気が疑われる場合はパートナーに告げ、2人共早めに病院へ行きましょう。

治療は飲み薬と膣内にタブレットを入れて行われます。「原虫」と聞いてショックを受けている方もいらっしゃるかもしれませんが、大体10日ほど適切な治療をすることで完治しますので安心してください。

性病ではない?

おりものが、上記ような状態ではなく、次のような場合は、性病ではなく>細菌性膣炎という雑菌性の膣炎です。

  • 水っぽいおりもの
  • 酸っぱい臭い
  • 魚臭い、生臭い

このように、おりものの状態だけで、さまざまな病気のサインが見てとれますが、どの場合も自己判断で済ましてしまうのは非常に危険な事です。なるべく早く検査しましょう。

病院に行くのは恥ずかしい…陰部を見られたり、触られたくない…
そんな人は、匿名の郵送で出来る性病検査キットがおすすめです。

おりもの異常(茶色、水っぽい、黄緑、ポロポロ、泡)説明

病院に行かず、性交渉も続けたりすると、パートナーも感染してしまうこともあるので、少しでも異常を感じたら、性交渉を控えて検査をすることが大切です。

病院へ行くのは、恥ずかしいと思う方もいるでしょうが、現在は、郵送による検査が可能なので早めに検査をしましょう。

おすすめの性病検査キットは「ふじメディカル」です

本当に性病?

おりものに異常があったからといって、必ず性病とは限りません。性病でなくても、膣内環境の悪化で、おりものに異常が出る事は多いです。その場合は、膣内の菌バランス悪化や、細菌の発生などによるものです。トップページを参考にして、膣内環境を整えてみてください。

性病を放っておくとどうなる?

女性が性病を放っておくと、不妊症になるケースが非常に多いです。妊婦さんの場合は、産道を通って赤ちゃんにまで感染します。流産や早産になりかねないので、早急に治療が必要です。

性病の中でも、とくに性器クラミジア感染症は、流行とも呼ばれているほど感染率が高いです。 じつは、妊娠や不妊治療の際に、クラミジアに気が付く女性は少なくはありません。

その理由は、感染した約80%の女性は症状がでないからです。ただし、これは女性の場合のみです。男性は、尿道から膿がでたり、激しい痛みを感じたり、するので早期に気づく方が多いようです。

気づいていないだけで、もしかしたら性病になっている可能性もあり得るので、異常がみられない場合でも、検査を受けておくのも良いかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ