おりものの異常(色と量)

おりものの異常の見分け方

おりものの悩みは親しい友人にも、なかなか相談しづらい悩みですよね。

自分のおりものが正常なのか、異常なのかも判断できないので不安になっている人も少なくありません。

おりものに悩む異常

おりものの状態が少しでも気になるなら早急に病院へ行くのが賢明ですが、病院にいくことをためらう人も多いと思います。

おりものの異常を見分けるポイントを知っておけば、病院へ行くかどうかの判断材料にもなると思います。

おりものの量や色から簡単に異常を見分けることができます。

心配のないおりものと注意したいおりものの量と色

おりものの量には、個人差があります。

下着についてもあまり気にならないくらいの人や、下着にしみのようについてしまう人など。季節や年齢によっても変わってくるので、自分自身で日々チェックしておくことが大事です。

正常なおりものは、透明から白っぽい感じの色で、それが下着に付着して乾くとクリーム色っぽくなります。

臭いも感じない人もいれば、少し酸っぱいような臭いを感じる人もいますが、生理前には臭いが強くなる人もい多いようです。

心配のないおりもの

普段と違うおりものが出た場合でも、心配するほどでもないのが、上記で説明したよりもすこしトロミのある、卵の白身位の硬さのおりものや、少しだけ血が混ざったもの。下着について黄色っぽくなったもの。

これらは特に異常は有りません。そして酸っぱい臭いも悪臭とういう程でもない場合は正常の範囲内です。

ただ、一時的に量が増える場合があります。それは、排卵期とセックスの後です。排卵期には少しドロッとしたおりものや血が混じることがあるのですが、これは排卵期特有のものです。

同じく、セックスの後も性的興奮があり分泌量が増えることがあります。これは膣内の自浄作用が一時的に高まるために起こる現象なので、心配はいりません。

注意したいおりもの

ここまでは特に心配のないものですが、ここからは心配なおりものの見分け方です。

次に挙げる症状のある人は、早急に病院へ行って診察してもらう必要があります。

おりものの中に血が混ざっている

少量の血ならそこまで心配はいらないのですが、生理の時のように血が出てしまっているのは不正出血と呼ばれ、身体になんらかの問題があるケースが多いです。

おりものの量が異常に多い。

生理用のナプキンが必要なくらいのおりものが出ることはほとんど有りませんので、必要なほどの量が出てしまった時は注意が必要です。

おりものの状態が異常

白いヨーグルトのような色やカッテージチーズのようなポロポロした状態や、緑色などの膿みのようなおりものが出たときは要注意です。

痒みをともなう

多少の痒みを経験したことが有ると思いますが、我慢しきれないような痒みや痛みは正常な状態ならありえません。

これらの性病と思われるような症状がある場合、コチラのページを参考にしてみてください。

デリケートゾーンは普段からのケアがとても大切な場所です

たとえば、生理用のタンポンを入れたまま忘れてしまって放置していたり、お風呂へ入った時などキチンと洗っていなかったりすると異常が出ることもあります。

とくに生理中はムレたりかぶれてしまったりすることもあるので通気性に気をつけたり、常に清潔な状態を保てるようにナプキンを変えたりするなどのマメなお手入れが必要になります。

それ以外にも、とても体調に左右されやすい箇所なので、普段の生活から健康に気を付け規則正しい生活をすることが何よりの予防になってきます。

免疫力が落ちるとすぐ菌が繁殖したりして臭いなどが強くなったりします。生理前などはホルモンバランスが崩れやすく、おりものの量も変わってきたりしますので、常に自分の状態をチェックし、自分の中である程度どんな時にどんなおりものになるのかというのを観察しておいたほうが良いでしょう。

そうすることによって、何かあっても慌てずに冷静な判断を下せるほか、自分の身体のことをより深く理解できるようになります。少しでも異常を感じたときは恥ずかしがったりせず、産婦人科へいき診断を受けてください。

おりものの量を減らす手段

生活習慣を整えることで、女性ホルモンの分泌が安定し、おりものの量は自然と減っていきます。

生活習慣を改善する方法として適度な運動やタバコを吸わない、塩分を控える、油っぽい食事を控える、野菜をたくさん摂取する、お酒を飲み過ぎない、十分な睡眠と休養を取ることが挙げられます。

おりものには、特有のヨーグルトのような酸の臭いがあり、それ加えて雑菌や皮脂、汗などと混ざり合わさることで臭いが強くなります。

おりものの分泌量が減少すれば自然にデリケートゾーンの臭いも弱まり、不快な思いから解放されます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ