おりものの臭いで悩んでいる女性に言いたいこと

おりものにはある程度、臭いがあるものだからあまり気にしないようにしましょう。
心配しすぎるとストレスで余計おりものがくさくなりますよ、と主張している人もいます。

しかし、おりものの臭いが日に日に酷くなっている場合や、腐った魚のような臭いがする場合、
そしておりものの色が生理前後でもないのに薄茶色だったり、デリケートな部分が痛痒く感じるようだったら、婦人科へ行きましょう。

たとえば、カンジダは人間がもともと持っている真菌(カビ)の一種で、健康なときなら別に問題がないのですが、
疲れが溜まって体の抵抗力が落ちるとカンジダ膣炎になっておりものの臭いが最強に強くなります。

これは放置していると日に日に酷くなるので、どんなに鈍感な人でも絶対気づきます。

臭い

トイレでパンツを下ろしたときだけでなく、服を着ている状態でも自分がくさいと思う場合、
症状がかなり進行しており、周囲の人達も気づいている可能性が高いので、

カンジダ膣炎は性行為がなくても発症しますから、「私は関係ないわ」と思ってはいけません。
むしろ女性なら誰がかかってもおかしくない病気です。

とにかく、「おりものの臭いが酷くなってきている」
「おりものの異臭以外にも何かいつもと違うことが体に起こっている」場合には、病院に相談しましょう。

早期発見・早期治療が大切です。

稀に子宮頸がんが原因でおりものの臭いがくさくなる人もいます。
原因や結果を知るのは怖いことかもしれませんが、医学というものは思いのほか日々進化しているものです。

おりものの臭いに思い悩んでいる女性は、一度思い切って婦人科を受診してみましょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ